新隊員前期教育

跳べ!新隊員
 6月1日えびの教育隊に続き、6日は北熊本8特4大教育隊の25キロ行進訓練が黒石原演習場で実施された。昨日の悪天候と打って変わって木陰が欲しいほどの快晴であった。
e0153570_188134.jpg


e0153570_1884360.jpg


 2月の持ち回り支部長会以後、HPの更新も忙しさに追われてできなかった。
3月は入隊入校予定者の激励会、部隊の創立記念行事、4月1日は公益社団法人認定、総会のための会計監査・各種会議おまけに町内会の年度行事もあり、5月総会を無事乗り越えての今日である。
 今日の激励は、若い隊員が難敵を倒して一人前になる儀式みたいなもので、素晴らしい自衛官が育ったことを確認し、今年入隊し父兄会にまだ入会していない父兄も一緒に、成長振りを慶んだのである。
e0153570_1892237.jpg


e0153570_1810768.jpg


 思えば52年前の自分と重なって懐かしさを覚えたのであるが、大切なことが違うのである。
それは狭い演習場の中をぐるぐる回って距離を出すのは、新隊員に失礼である。昔は税金泥棒などといわれていたが、99式の銃を担いで堂々と公道を行進していたのである。昨今自衛隊に対する国民の認識は格段に好意的であり、国防のため必要な組織であるのに、国民の目に見えない演習場の中でこそこそと訓練することは、訓練の成果はもとより士気も上がらず、ましてや愛国心を期待することも出来ないと思う。
 交通事情も違い、諸々の調整や手続きはあると思うが、自衛官の雛を育てる場は是非とも国民の声援を受けた形の教育でなければならないと痛感した。
[PR]
by fukeikumamoto | 2012-06-06 18:27